ムカイ・クリニックの基本的な考え方

ムカイ・クリニックの基本的なコンセプト

水仙 当院の基本的な考え方として、こころの病気・心療内科・精神科・メンタルヘルス領域の疾患の治療に、 漢方治療を積極的に活用し、漢方を治療の中心として応用していることを挙げることができます。

漢方治療の意義と西洋医学との違いについて

漢方治療と西洋医学の違いについて、例えばうつ病を例に挙げて考えてみます。うつ病圏の疾患では、西洋医学では抗うつ薬が治療に用いられますが、漢方治療では体質・病状・環境によってさらに5つの東洋医学的なタイプに分けて治療が行われます。これらの東洋医学的なタイプのことを我々は「証」と呼んでおり、それぞれの証に対応して適応処方が決まります。

例えば、肝鬱気滞証(かんうつきたいしょう)を示したうつ病のケースに、肝鬱気滞証(かんうつきたいしょう)に対する処方・逍遥散(しょうようさん)が有効だったとしましょう。しかし逍遥散(しょうようさん)はうつ病に限ってのみ用いられる訳ではなく、うつ病ではなくても肝鬱気滞証(かんうつきたいしょう)を認めれば逍遥散(しょうようさん)を用いることができます。

この点は漢方治療の特徴で、西洋医学の治療と大いに異なる点ではないかと考えられ、漢方の有効性が高く副作用が出にくいという利点の大きな要因の1つではないかと思います。

しかし、西洋医学の治療も必要に応じて行うことも重要であると考えています。

心の病気、メンタルヘルス領域の疾患への漢方治療には「活力を高め、生活の質を改善する」といった最良の効果があると考えられます。これらを「QOLの改善」という言葉に置き換えても良いかと考えます。

最近治療していて感じることとして、メンタルな疾患のケースで自ら漢方治療を希望されて来院されるケースが増えてきたという点です。漢方の啓蒙活動がかなり効果を奏していることも1つの要因ではないかと思いますが、患者さんがご自分の体に違和感のない親和性の高い治療を求められていることも特筆すべきかと思います。

漢方で患者さんを治療していますと、患者さんは本当に生き生きとした表情をされていることに気づきます。患者さんは真に病気から開放されることを目標に、漢方治療とともに養生されているのではないかと考えています。

西洋医学的治療ですでに治療されているケースについて

漢方治療についての特色について前項でご紹介しましたが,精神科・メンタルヘルス領域の疾患に対して現代医学的治療(西洋医学的治療)がスタンダードな治療として有効であることは重要な点であると考えます。 精神科領域の疾患には漢方治療のみならず,西洋医学的治療を必要に応じて行うことが重要であると考えています。

西洋医学的治療とくに向精神薬(抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬・睡眠薬など)で既に加療中のケースで漢方治療を希望される場合,向精神薬による治療は「主たる治療」として前医でそのまま継続され,当院では「補完治療」として漢方治療を希望される患者様が多いように思います。 このように現代医学的治療(西洋医学的治療)と漢方治療をそれぞれ守備範囲が異なる治療として両者を併用される患者様が多いように思います。

また,向精神薬を止めて漢方治療を希望されるといった場合には,残念ながらご期待には添えないことが多いと思います。
麗花(れいか)

漢方ナビ・今月の先生第4回

こころの病気に対する漢方治療について,院長へのインタビューが掲載されています。

HOME院長プロフィール,著作・講演・研究などムカイ・クリニックの基本的な考え方漢方でよく診ている疾患うつ病圏の疾患パニック障害・身体表現性障害・不定愁訴・自律神経失調症診療案内日本画ギャラリー院長:「今月の先生」 漢方ナビリンク集